温めるのではなく、その温かさを自ら作り出せるようになるのが1番

ローズ ボディメイク 桂川えみです

『今より人生が楽しくなる』が合言葉の

ホリスティカルハーブテント®

タイトルにもある通り『温めるだけ』のものなら世にあふれておりますが

ホリスティカルハーブテントの良いところは自らの体温が上がる!という方も現れる優れもの

 

導入店仲間の実体験をご紹介させていただきます。

福岡 Makana(マカナ)のオーナーくばらるーしーさんの変化をご紹介いたします!

クローバーブログクリックhttp://ameblo.jp/kaochama0419/

 

これ、私の今日の体温です。風邪じゃないです。

仲間内で聞いてはいたんですが、
まさか自分もこんなことになってるとは
年末に風邪をひくまで気づきません
でした。

 

クリスマス前に風邪をひき、体中が痛くて寝込んだので、
「すわ、インフルエンザか!!」
検査の結果違ったのですが、その時
初めて「体中痛かったのは高熱のせいだった」と。
その後、回復具合を見るのに毎日熱を測っていたのですが、

・・・・・

・・・・・

・・・・・

37度を下回らない!
あれ?鼻水も咳も止まって喉の痛みもなくなったのに、まだ風邪ひいてる?
いえいえ。2週間以上たった今日までさがりません。

つまり、平熱が37度になったといっていい感じ。

 

十数年前に妊活していた時に、毎日基礎体温を計っていた時の私の体温は
ほぼ36.3度。
それ以降もほぼ変化なし。

 

そんな私があれからじゅう何歳(笑)も年を重ねたのに体温が上がった訳。
やはりホリスティカルハーブテントⓇしかないでしょう!!

宣伝にしか聞こえませんが(笑)
でも、これしかないのです。

テントに入りながら高炭酸の足浴。

運動も他に温活もしてない私が唯一やっていること。

 

導入店の仲間内で、基礎体温が上がっている人が多いことは知っていましたが
毎日基礎体温を測る習慣からも
遠ざかっていて気づきませんでした。

 

実は私、子供の頃から風邪をひいても熱が上がらない子で、
38度を超えることがほぼほぼありませんでした。

 

なので、37度を超えれば本人的には「高熱」でフラフラするという。
38度越えれば「しぬ~」と思うレベル。とにかく熱に弱い人でした。

が、ここ10日いつ測っても37度を超す体温なのにいたって健康。

たぶん、これが私の普通になっている。

巷ではいろんな温活がありますが、私がいつも思うのは、

「いかにして温めるかじゃなく、その温かさを自分で作りだせるようになるのが一番大事」

ということ。

靴下何枚はいても、脱いでしまったら体温さがるようじゃ意味がないのでは?
そういう意味で、

リラクゼーションしながら温活をして、
なおかつ私のように体質改善的なことが起きるホリスティカルハーブテントⓇ

もっともっと知って欲しい。体験して欲しいと思います。

体温が1度上がると、免疫力は5~6倍あがると言われているそうです。

 

ブログ全文はクリック こちら

凄いですね!

今まで気になっていた症状の改善や、メンタルの変化もありますが、一番目に見て分かりやすいのが 「平熱が高くなった」ということ。

平熱が高くなる⇒冷え症改善⇒生理痛・頭痛等改善・免疫細胞活動率アップ・・
などなど、平熱が高くなるといいことがたくさん!爆  笑

 

靴下を重ね履きして冷え性が改善した!という方をみたことがないです。

それよりも、自分の中から熱を出せるように・・・
なった方がよくないですか?

 

2017年
厳しい寒い時期もホリスティカルハーブテント®で乗り切っていきましょう!!!

 

私、無精なので体温を測るということをしないので
自分のことをちゃんとお知らせできないのですが、
喉がいがらっぽいなと思っても風邪をこじらせたりすることはないかも、です。

 

◆定期的に入るのがおススメ

体温を上げたい「温活」をしたい方には
月に2回の定期的に入っていただくことをお勧めしています。

 

ぜひ新月・満月のハーブテントにお越し下さい!
月にも手伝ってもらっちゃいましょ新月満月
ローズボディメイク 桂川でした。

関連記事

カテゴリー

PAGE TOP